【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

確認ドリル(計画⑦)「防火区画、延焼の恐れのある部分」

試験が近づいてきましたので、出題テーマによって整理すべきポイントを確認する「確認ドリル」をお送りします。本日のテーマは、「防火区画」です。この内容は近年よく出題されるので、確実に解答できるようにしましょう。

ポイントの整理

(問題)高齢者介護施設で防火区画について工夫したことを述べよ

まずは重要なポイントを整理します。

「防火区画」には、大きく分けて「面積区画」「竪穴区画」があります。それぞれの特徴を確認します。

面積区画

  • 1,500㎡以内、床・壁を耐火構造で区画する。
  • 吹抜け、階段、EVシャフト等の開口部に特定防火設備を設ける。
  • 竪穴区画と面積区画を兼ねる場合には、特定防火設備で区画する。
面積区画の例1  各階を水平区画(断面図)
面積区画の例2 東西を面積区画(断面図)
竪穴区画

  • 吹抜け、階段、EVシャフト等とその他の部分を区画する。
  • 開口部には防火設備を設ける。
  • 竪穴区画と面積区画を兼ねる場合には、特定防火設備を設ける。
  • 外壁面については、RC造の袖壁で竪穴区画を形成できる。
竪穴区画の例(断面図)

なお、一般的には面積区画を特定防火設備、竪穴区画を防火設備で区画しますが、特定防火設備は防火設備よりも上位仕様になりますので、防火設備の代用品として設けることができます。特定防火設備は防火設備と比較して、経済性には劣りますが遮炎性能に優れますので、火災時に高齢者の避難時間を稼ぐため、あえて特定防火設備を設けることもできます。

次に、「延焼の恐れのある部分」についてまとめます。

防火地域・準防火地域では、道路中心線または隣地境界線からの距離が、1階で3m以内2階以上で5m以内となる場合、外壁の開口部に防火設備を設ける必要があります。代表的な防火設備には網入りガラスがあります。

ただし、防火上有効な公園、広場、川等の空地や水面、耐火構造の壁などに面しており延焼の恐れがない場合には、開口部に防火設備を設ける必要はありませんので、周辺環境をしっかり確認するようにします。

延焼の恐れのある部分 イメージ図

最後に、防火区画をダクトや配管が貫通する場合の処理方法をまとめます。

区画貫通部の処理等

  • 換気設備や空調設備のダクトが区画を貫通する場合、防火ダンパーを設ける。
  • 防火ダンパーは煙感知器と連動させることで、確実兼速やかに動作するようにする。
  • 配管が防火区画を貫通する場合、貫通部の配管を不燃材料とし、モルタルなどで隙間を埋める

記述例

(問題)高齢者介護施設で防火区画について工夫したことを述べよ

防火区画

階段及び吹抜けの2、3階部分に特定防火設備を設置し、各階を水平区画することにより、区画内の床面積が1,500㎡以下となるように計画した。また、階段及び吹抜けの1階部分には、竪穴区画のため防火設備を設置した。

階段、EVホールおよび吹抜けは竪穴区画と面積区画を兼ねるため特定防火設備の防火シャッターと防火扉で区画した

1階の階段出入口は法令上、防火設備で足りるが、あえて特定防火設備で区画することで、一定時間、高齢者が階段室で救助を待てるようにした。

 :計画  :理由

延焼の恐れのある部分

延焼のおそれのある部分の外壁開口部には、防火設備である網入りガラスを設け、延焼の拡大防止を図った

 :計画  :理由

区画貫通部の処理等

区画貫通部のダクトを防火ダンパー付とし、火災報知器と連動させることで、火災発生時、速やかに防火区画を形成できるようにした。

防火区画貫通部の配管を不燃材料とし、周囲をモルタルで充填することで、確実に防火区画を形成できるようにした。

 :計画  :理由

本日のドリルはここまでです。しっかり理解して法令違反とならないように気をつけましょう。