【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

【一級建築士製図試験】計画の要点等 過去問題分析(環境負荷低減)

2020年6月21日

一級建築士製図試験における記述部分である「計画の要点」は、「計画」、「構造」、「設備」、「環境負荷低減」の分野から出題されています。

記述試験が本格的に出題されるようになった平成21年度からの過去の出題傾向を分析し、効率的な学習順序を考えるシリーズです。

今回の分析分野は、「環境負荷低減」です。

出題傾向分析表

H27~R1 R1H30H29H28H27
自然採光
自然通風
日射遮蔽
空調負荷抑制
省エネ
出題数22120
H21~H26 H26/沖縄 H25H24H23H22H21
自然採光〇/-
自然通風〇/〇
日射遮蔽〇/-
空調負荷抑制 〇/〇
省エネ
出題数 1/111001

※ 平成26年度は台風の影響により、沖縄県の試験は別日に実施されています。

近年の環境負荷低減に関する問題は、自然採光、自然通風、日射遮蔽による空調エネルギーや照明エネルギーの削減が中心です。これらは今後も必ず出題されると考えてよいでしょう。

この分野は、年度によって問題の切り口は多少変わるものの、基本的な解答内容は同じでよいので、対策はそれほど難しくありません。

パッシブデザインとアクティブデザイン

環境負荷低減には、 パッシブデザイン(建築的設計手法)とアクティブデザイン(設備的設計手法)があります。

自然採光や自然通風など、機械設備を利用せずに風や太陽光などの自然エネルギーを積極利用する設計手法を パッシブデザイン(建築的設計手法)といいます。

太陽光発電や地熱利用など、機械設備を用いて省エネルギーを実現する設計手法を アクティブデザイン(設備的設計手法)といいます。

設備的設計手法に関する問題は、平成28年度以来出題されておらず、最近はパッシブデザインが要求されます。

平成29年度は「建築物に採用したパッシブデザイン」という出題で、問題文に「太陽光パネル、太陽熱集熱器を含めない」と注意書きがありました。

補足図の練習が必須

最近の環境負荷低減分野の問題では、必ずと言っていいほど解答欄に補足図を記入できるスペースがあります。平成30年度までは「図で補足してもよい」と書いてありましたが、令和元年度からは「必ず記入すること」と変化しました。

よって、補足図を記入しないことは「未完成」となってしまいます。

計画の要点の補足図は、ポイントを押さえた分かりやすいイラストを、素早く書く必要があるので、普段から練習しておくとよいでしょう。

まとめ

以上、環境負荷低減分野の分析でした。

この分野は近年、2問は出題される頻出項目です。解答としては、決まり文句的な部分が多いので、確実に得点できるように対策しましょう。

おすすめの学習順序は下記のとおりです。

学習順序

1.自然採光、自然通風、日射遮蔽 + 補足図
2.過去に出題されている設備的手法 + 補足図

3.その他省エネ