【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

総合テスト(応用⑥)

応用ドリルで出題した内容を、実践に近い形式で復習していきます。総合テストは、今までのドリルに比べて、より本番を意識した問題としています。

ヒントのキーワードを出していますので、本試験のボリュームを書くつもりで解答を思い浮かべてみてください。

(計画)個室の配置計画

次のプラン例で、「老人ホーム部門個室の配置について考慮したこと」は?

プラン例

個室をすべて南側に配置し、日照を確保するとともに、公園の景観を取り入れた快適な空間となるように計画した。

廊下をまっすぐ通し、EVホールから見通しが良い計画とすることで、居住者の利便性に配慮した。

理由計画内容

ヒント:快適性、利便性

※タップして記述例を表示

(構造)スパン割り、部材寸法

次の図について、「建築物のスパン割りについて考慮したこと及び主要部材寸法(柱、大梁、小梁、スラブ)」は?

スパン割り

6m~8mのスパンで架構を計画し、柱1本あたりの負担面積が過大にならないようにした。

理由計画内容

柱:700mm×700mm 大梁:500mm×800mm

小梁:300mm×600mm スラブ厚:t=200mm

※寸法は例です。自分の図面との整合に注意しましょう。

ヒント:面積

※タップして記述例を表示

(設備)空調機器


次のプラン例で、「空調室外機の設置場所と、更新・維持管理について考慮したこと」は?

プラン例

設置場所:2階屋上の室外機置場

管理部門階段から近い屋上にまとめて設置し、日常のメンテナンスが行いやすいように計画した。

また、スペースに余裕をもって設置し、機器の修繕、更新作業に配慮した。

理由計画内容

ヒント:利便性、余裕

※タップして記述例を表示

(環境)吹抜け部分の自然採光

次のプラン例で、「エントランスホール及び吹抜け周囲の自然採光について考慮したこと」は?

プラン例

吹抜け上部の天井面にトップライトを設けエントランスホール及び吹抜け周囲の共用部に、自然採光を確保できるように計画した。

3階~5階の吹抜けについては、吹抜け部分の外壁面を開口部とすることにより、吹抜けにより多くの自然光を取り入れられるように配慮した。

理由計画内容

ヒント:窓面

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記のドリルをご覧ください。

応用ドリル(計画①)

応用ドリル(構造①)

応用ドリル(設備①)

応用ドリル(環境①)基礎ドリル(環境①)