お知らせ

皆さんからの質問を募集します。12月1日の記事を参照ください。

総合テスト(応用④)

応用ドリルで出題した内容を、実践に近い形式で復習していきます。総合テストは、今までのドリルに比べて、より本番を意識した問題としています。

ヒントのキーワードを出していますので、本試験のボリュームを書くつもりで解答を思い浮かべてみてください。

(計画)ゾーニング

次のプラン例で、「ゾーニングについて考慮したこと」は?

プラン例

1、2階にデイサービス部門、3階に居住部門を配置し、階別にまとめることにより、利用者に分かりやすく、管理もしやすいように計画した。ショートステイ個室は南東にまとめて、他のデイサービス部門の室と分けることで、滞在者が落ち着いて過ごせるように配慮した。

また、管理部門を側にまとめて配置し、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

理由計画内容

ヒント:利用者、スタッフ、利便性、快適性

※タップして記述例を表示

(構造)基礎計画

次の図で、「地盤条件や経済性を踏まえた支持層の考え方、基礎構造、基礎底面レベルについて考慮したこと」?

地盤条件が良好と判断できるため直接基礎で計画することとし、不同沈下に強く、安定性に優れるべた基礎を採用した。

GL-1.5m以深、N値=40の砂礫層を支持地盤と考え基礎底面レベルをGL-2.0mとし、十分な根入れ長を確保した。施工時の経済性に配慮して、地下水位より上に基礎底面レベルを設定した。

理由計画内容

ヒント:N値、地下水位

※タップして記述例を表示

(設備)給湯設備


「浴室の給湯設備について、採用した熱源方式と考慮したこと」は?

採用した方式:電動ヒートポンプ

電動ヒートポンプイメージ図

ランニングコストが低くメンテナンスも容易であり、経済性に優れること。

また、燃焼を伴わないため、CO2排出量が抑えられ環境負荷を低減できることから採用した。

理由熱源方式の特徴

ヒント:コスト、環境

※タップして記述例を表示

(環境)アクティブデザイン

「照明エネルギーを削減するための設備的手法」は?(LEDランプの採用以外で3つ)

照明器具に明るさ検知制御を採用し、日中の照明使用時間を減らし、省電力を図った。

使用頻度が少ない室やスペースの照明を人感センサー制御とすることで、消し忘れによる照明電力消費をなくせるようにした。

照明器具にタイムスケジュール制御を採用し、余計な照明電力を使わないようにした。

理由計画内容

ヒント:時間帯、使い方

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記のドリルをご覧ください。

応用ドリル(計画④)基礎ドリル(計画⑮)

応用ドリル(構造④)

応用ドリル(設備④)

応用ドリル(環境④)