お知らせ

皆さんからの質問を募集します。12月1日の記事を参照ください。

総合テスト(応用③)

応用ドリルで出題した内容を、実践に近い形式で復習していきます。総合テストは、今までのドリルに比べて、より本番を意識した問題としています。

ヒントのキーワードを出していますので、本試験のボリュームを書くつもりで解答を思い浮かべてみてください。

(計画)アプローチ計画

次のプラン例で、「アプローチ計画について考慮したこと」は?

プラン例

北側道路の敷地東寄りに駐車場・車寄せを、中央に歩行者通路を計画し、歩行者が安全に出入りできるように計画した。

車いす使用者用駐車場を主出入口近くに配置し、車いすでの移動距離が短くなるように計画した。

サービス用駐車場を西側の通用口に近接して計画し、利用者アプローチとサービスアプローチを明確に分離した。

理由計画内容

ヒント:安全、動線

※タップして記述例を表示

(構造)小梁、スラブの架け方

次の図で「小梁とスラブの架け方について考慮したこと」は?

梁伏図例

スラブの短辺寸法が4m以下となるように小梁を設置し、スラブたわみの抑制を図った。

スラブ周囲に梁を設置し、4辺固定することにより荷重を安全に支持できるように計画した。

階段、EVシャフト開口部分に小梁を設置し、RC壁と周囲スラブの荷重を支持する計画とした。

理由計画内容

ヒント:荷重、開口部

※タップして記述例を表示

(設備)給水方式


高齢者介護施設の計画において、「建築物に採用した給水方式と採用した理由」は?

採用した方式:水道直結増圧方式

水道直結増圧方式イメージ図

受水槽が不要であり、建物内のスペースを有効利用できること。

水が滞留しないため、衛生面で有利であること。

受水槽やポンプの設置が不要で、管理する設備が少ないので、初期費用及び維持管理費用が抑えられること。

理由給水方式の特徴

ヒント:スペース、衛生面、費用

※タップして記述例を表示

(環境)日射遮蔽

次のプラン例で、「建築物の日射遮蔽について工夫したこと」は?

プラン例

東側の開口部に垂直ルーバーを、南側の開口上部には庇を設置することにより、日射を遮蔽し、夏期の冷房負荷を低減した。

南側については、ルーバーではなく庇とすることにより、公園の眺望を確保できるように配慮した。

理由計画内容

ヒント:開口部、南側

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記のドリルをご覧ください。

応用ドリル(計画③)

応用ドリル(構造③)

応用ドリル(設備③)

応用ドリル(環境③)基礎ドリル(環境③)