【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

総合テスト(応用②)

応用ドリルで出題した内容を、実践に近い形式で復習していきます。総合テストは、今までのドリルに比べて、より本番を意識した問題としています。

ヒントのキーワードを出していますので、本試験のボリュームを書くつもりで解答を思い浮かべてみてください。

(計画)動線計画

次のプラン例で、「建築物の内部動線について考慮したこと」は?

プラン例

主出入口から入ってすぐ目に着く位置に主要室やEVを配置し、利用者にとって分かりやすい計画とした。

管理部門を西側にまとめて配置することにより、利用者とスタッフの動線が交差しないように配慮した。また、通用口から厨房への動線を管理部門内に確保し、利用者部門を通らずに食材の搬入等が行えるようにした。

理由計画内容

ヒント:利用者、スタッフ、利便性

※タップして記述例を表示

(構造)耐震計画

次の図で、「建築物の耐震計画について考慮したこと」は?

建物の平面形状を整形、かつ、極力同一階高で計画し、地震時に局所的な応力集中や変形が発生しないようにした。

また、たれ壁や腰壁等の雑壁に構造スリットを設け地震時に柱や梁の脆性破壊が起きないように計画した。

理由計画内容

ヒント:建物の平面・立面形状、壊れ方

※タップして記述例を表示

(設備)空調設備


次のプラン例で、「老人ホーム個室の空調計画で考慮したこと」は?

プラン例

採用した方式:ファンコイルユニット+外気処理空調機

各室に天井カセット型のファンコイルユニットを設置し、個別に空調できるように計画した。

換気については、空調機械室からダクトを接続し、空調機で新鮮空気を供給できるようにした。

理由計画内容

ヒント:個別、換気

※タップして記述例を表示

(環境)自然換気

次のプラン例で、「自然換気について考慮したこと」は?

プラン例

外壁面には開口部や換気口を設け外気を取り入れられるように計画した。

室内間仕切りを通気可能な構造とし、通風経路を確保することで、自然換気が行いやすいように配慮した。

理由計画内容

ヒント:開口、通気

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の応用ドリルをご覧ください。

応用ドリル(計画②)

応用ドリル(構造②)

応用ドリル(設備②)

応用ドリル(環境②)