【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

総合テスト(応用⑩)

応用ドリルで出題した内容を、実践に近い形式で復習していきます。総合テストは、今までのドリルに比べて、より本番を意識した問題としています。

ヒントのキーワードを出していますので、本試験のボリュームを書くつもりで解答を思い浮かべてみてください。

(計画)建物内外のバリアフリー

高齢者介護施設の計画において、「館内外のバリアフリーについて考慮したこと」は?

館内および敷地内は極力段差のない計画とし、高齢者や車椅子使用者が安全に利用できるようにした。また、廊下をゆとりある広さで計画し、車椅子使用者同士がすれ違いやすいように配慮した。

車いす使用者用駐車場を主出入口近くに配置し、車いすでの移動距離が短くなるように計画した。

理由計画内容

ヒント:移動、安全

※タップして記述例を表示

(構造)吹抜けの構造計画

次の図で「ホールの構造計画(スパン、梁、柱、床、天井、等)について考慮したこと」は?

平面図

X方向の大梁を大スパンで計画し、無柱空間を形成した。大スパンの大梁はプレストレストコンクリート梁とし、たわみやひび割れの抑制を図った。また、プレストレストコンクリート梁を支持する柱は、他の柱よりもサイズアップし、大スパンの荷重を安全に伝達できるようにした。

乾式2重床で計画し、振動や騒音の防止に配慮した。天井について、斜材をバランスよくV字状に配置し、天井落下防止を図った。

理由計画内容

ヒント:荷重、安全

※タップして記述例を表示

(設備)電気設備

次の図で、「受変電設備の維持管理と更新、及び、電気シャフトの配置計画について考慮したこと」は?

サービス用駐車場に近い位置に設置することで、維持管理や機器更新が行いやすいように計画した。また、機器をフェンスで囲うことで、関係者以外が近づけないようにし、安全に配慮した。

EPSについては、各階同位置に配置することにより、幹線ケーブル延長を短縮し、合理的な配線ルートとなるように計画した。また、管理部門内の廊下に面して配置することにより、点検や修繕が行いやすいように配慮した。

理由計画内容

ヒント:作業性、安全

※タップして記述例を表示

(環境)アクティブデザイン‐給水

「水道使用量を削減するための設備的手法」は

洗面、トイレ、浴室等に節水型衛生器具を採用した。

雨水利用設備を設置し、貯水した雨水を便所洗浄水や植栽への散水に利用できるようにした。

地下水利用設備を設置し、ポンプでくみ上げた地下水を便所洗浄水や植栽への散水に利用できるようにした。

理由計画内容

ヒント:節水、雨水、地下水

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記のドリルをご覧ください。

応用ドリル(計画⑤)応用ドリル(計画③)

応用ドリル(構造⑤)

応用ドリル(設備⑤)

応用ドリル(環境⑤)