【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

応用ドリル(構造⑤)「吹抜け、大空間」

2020年8月29日

今年の課題「高齢者介護施設」で出題が想定される内容に重点的に取り組みます。

8月3日~8月30日の4週間は、「計画」「設備」「環境負荷低減」「構造」の順で、頻出項目を中心に基礎的な問題を出題します。

今週は構造分野のドリルです。本日のテーマは、「吹抜け、大空間」です。

吹抜けの構造計画

次の図で、「吹抜け部分の構造計画」について考慮したことは?

平面図

記述例

架構が複雑にならないように配慮した。

※タップして続きを表示

スラブを安全に支持できるように計画した。

※タップして続きを表示

過度な荷重がかからないように配慮した。

※タップして続きを表示

解説

吹抜けはスパン割りに合わせて計画すると、シンプルな架構となります。また、吹抜けまわりには梁を設置し、スラブを支持できるように計画します。片持ち梁は張り出し寸法が大きくなり過ぎないようにします。

梁伏図
記述例

できるだけスパンに合わせた形状で計画し、架構が複雑にならないように配慮した。

吹抜け周囲に梁を設けることで、スラブを安全に支持できるように計画した。

片持ち梁を用いる部分は、張り出し寸法を2.5mで計画し、過度な荷重がかからないように配慮した。

理由計画内容

大空間の構造計画

次の図で「ホールの構造計画(スパン、梁、柱、床、天井、等)について考慮したこと」は?

平面図

記述例

無柱空間を形成した。

※タップして続きを表示

たわみやひび割れの抑制を図った。

※タップして続きを表示

大スパンの荷重を安全に伝達できるようにした。

※タップして続きを表示

振動や騒音の防止に配慮した。

※タップして続きを表示

天井落下防止を図った。

※タップして続きを表示

解説

スパン、梁、柱、床、天井について、それぞれ例のようなことが記述できます。

平面図
断面図
記述例

X方向の大梁を大スパンで計画し、無柱空間を形成した。

大スパンの大梁をプレストレストコンクリート梁としたわみやひび割れの抑制を図った。

プレストレストコンクリート梁を支持する柱は、他の柱よりもサイズアップし、大スパンの荷重を安全に伝達できるようにした。

乾式2重床で計画し、振動や騒音の防止に配慮した。

天井について、斜材をバランスよくV字状に配置し、天井落下防止を図った。

理由計画内容

本日の記述ドリルはここまでです。

明日と明後日は、今週のドリルを復習する「小テスト」です。