お知らせ

皆さんからの質問を募集します。12月1日の記事を参照ください。

一級建築士記述ドリル「総合テスト9」

製図課題発表までは、分野をまたいで基礎ドリルを復習する「総合テスト」をお送りします。

搬出入動線

次のプランで、「室の配置及び展示品の搬出入動線について考慮したこと」は?

プラン例

市民ギャラリーと展示室を2階ホールから見やすい場所に配置することにより、来館者が利用しやすいように計画した。

また、管理部門内に展示室への動線を確保することにより、開館中に作業する際に、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

理由計画内容

イメージ図

※タップして記述例を表示

支持層、基礎底面レベル

次の図で、地盤条件を踏まえた「支持層の考え方、基礎底面のレベル」について考慮したことは?

GL-2.5mのN値=30の地盤を支持層と考え基礎底面レベルをGL-3.0m以深とし、十分な根入れ長を確保した。

理由計画内容

※タップして記述例を表示

災害対策

地震等の災害時における、「停電対策(3日程度)」は? 

非常用発電装置を設け、燃料タンクに3日分の燃料を備蓄することで、停電時でも一定の期間は施設を運用できるようした。

理由計画内容

※タップして記述例を表示

地中熱利用

環境負荷低減手法として、「地中熱」の利用方法とその省エネルギー効果について考慮したことは?

地中に埋設した配管を通して外気を空調機に導入することで、年間を通して温度が安定している地中熱を利用し空調負荷を低減した。

地中熱ヒートポンプを採用することで、年間を通して温度が安定している地中熱を利用し空調エネルギーを削減した。

利用方法省エネルギー効果

地中を通して外気を導入
地中熱ヒートポンプシステム

※タップして記述例を表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の基礎ドリルをご覧ください。

搬出入動線(計画④)こちら

支持層、基礎底面レベル(構造③)こちら

災害対策(設備⑲)こちら

地中熱利用(環境④)こちら