【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル「総合テスト4」

製図課題発表までは、分野をまたいで基礎ドリルを復習する「総合テスト」をお送りします。

外部施設計画

次のプランで、「オープンスペースの計画について考慮したこと」は?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: j計画⑩.jpg
プラン例

オープンスペースを人通りが多い北側交差点に面して配置し、通行人の目を引くように計画した。
また、西側公園、南側商業施設からの集客を期待して、東西に広く配置した。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

大空間の構造種別、架構形式、スパン割り

次のプラン例で、「小ホール上部に採用した構造種別、架構形式、スパン割りと考慮したこと」は?

プラン例

耐震性、耐火性及び靭性を考慮し、構造種別は鉄筋コンクリート造、架構形式はラーメン架構を採用した。

また、無柱空間とするためY方向の大梁を14mの大スパンで計画した。

理由計画内容

※解答のスパン割りは例です。自分の図面との整合に注意しましょう。

※タップして記述例を表示

電気設備


次の図で、「受変電設備の設置場所と維持管理について考慮したこと」は?

設置場所:電気室

管理部門内の電気室に設置することで、漏電リスクを低減し、点検等の維持管理がしやすいように配慮した。
また、道路側に電気室を計画し、外扉を設けることで、機器の修繕や更新がしやすいようにした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

太陽熱利用

環境負荷低減手法として、「太陽熱」の利用方法とその省エネルギー効果について考慮したことは?

屋上に太陽熱集熱器を設け、太陽熱を給湯の補助熱源として利用することで、給湯エネルギーを削減した。

屋上の太陽熱集熱器で作られた温水を床暖房に利用することで、冬期の暖房エネルギーを削減した。

利用方法省エネルギー効果

太陽熱集熱システム

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の基礎ドリルをご覧ください。

外部施設計画(計画⑩)こちら

大空間の構造種別、架構形式、スパン割り(構造②)こちら

電気設備(設備⑰)こちら

太陽熱利用(環境④)こちら