【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル「総合テスト3」

製図課題発表までは、分野をまたいで基礎ドリルを復習する「総合テスト」をお送りします。

建物の配置計画


次のプラン例で、「敷地周辺の住宅に対し、建物配置について考慮したこと」は?

住宅のある北・西側については、敷地境界から適度に距離を取って建物を配置することにより、周辺住宅に圧迫感を与えないようにした。
また、戸建て住宅のプライバシーに配慮するため敷地北側に植栽を設けるとともに、建物北側には開口部を極力設けない計画とした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

建築物の部材断面寸法

「建築物の主要部材の寸法」は?

柱・・・700mm×700mm

大梁・・・500mm×800mm

小梁・・・300mm×600mm

スラブ厚・・・t=200mm

主要部分の梁伏図

※解答の寸法は例です。自分の図面との整合に注意しましょう。

※タップして記述例を表示

空調機の維持管理と更新

次の図で、「空調機器の維持管理と更新について考慮したこと」は?

空調機械室の道路側外壁面に搬出入用扉を設け機器の更新作業が行いやすいように計画した。
空冷ヒートポンプチラーを屋上の道路側に設置し、更新時の吊り込み作業が行いやすいようにした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

日射遮蔽、熱負荷抑制

次のプラン例で、建築物の日射遮蔽及び熱負荷抑制について工夫したこと」は?

プラン例

南面の開口部に水平ルーバー、東西面の開口部に垂直ルーバーを設置することにより、日射を遮蔽し、夏期の冷房負荷を低減した。

窓にLow-E複層ガラスを採用し、室内への日射熱流入を防ぎ、熱負荷を抑制した。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の基礎ドリルをご覧ください。

建物の配置計画(計画⑧)こちら

建築物の部材寸法(構造①)こちら

空調機器の維持管理、更新(設備⑪)こちら

日射遮蔽、熱負荷抑制(環境③)こちら