【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル「総合テスト26」

製図課題発表までは、分野をまたいで基礎ドリルを復習する「総合テスト」をお送りします。

履き替えを踏まえたゾーニング

次のプラン例で、「利用者の靴の履き替え等を踏まえて、ゾーニング計画について考慮したこと」は?

プラン例

利用者がスムーズに入館できるように上足利用の保育所部門を1階に、下足利用の児童館部門を2階にまとめて配置し、玄関で動線を分けた。
また、保育所部門と屋外遊技場を一体利用できるように建物東側に出入口を設けた。

理由計画内容

イメージ図

※タップして記述例を表示

建築物の部材断面寸法

「建築物の主要部材の寸法」は?

柱・・・700mm×700mm

大梁・・・500mm×800mm

小梁・・・300mm×600mm

スラブ厚・・・t=200mm

主要部分の梁伏図

※解答の寸法は例です。自分の図面との整合に注意しましょう。

※タップして記述例を表示

空調の省エネルギー

次の図で、「空調の省エネルギー(設備的手法)について考慮したこと」は?

断面図

(例1)開口部付近にスロット型吹出し口を設置し、ペリメーター負荷処理による空調効率の向上を図った。

(例2)開口部付近にファンコイルユニットを設置し、ペリメーター負荷処理による空調効率の向上を図った

理由計画内容

イメージ図

※タップして記述例を表示

吹抜け周囲の自然採光

次のプラン例で、「エントランスホール及び吹抜け周囲の自然採光について工夫したこと」は?

プラン例

吹抜け上部の天井面にトップライトを設けエントランスホール及び吹抜け周囲の共用部に、自然採光を確保できるようにした。

2,3階の廊下を、吹抜けに面した回廊型とすることにより、トップライトからの自然採光を取り入れた明るい空間となるようにした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして記述例を表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の基礎ドリルをご覧ください。

履き替えを踏まえたゾーニング(計画⑯)こちら

建築物の部材断面寸法(構造①)こちら

空調の省エネルギー(設備⑫)こちら

吹抜け周囲の自然採光(環境①)こちら