【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル「総合テスト1」

2020年6月27日

本日から製図課題発表日までは、分野をまたいで基礎ドリルを復習する「総合テスト」です。製図課題発表前に基礎問題の総仕上げをしておきましょう。

総合テストでは、計画構造設備環境の4分野から1問ずつ出題します。自分なりにキーワードを考えて、文章を思い浮かべてみてください。

また、思い浮かべた文章は、初めて読むつもりで客観的にチェックするようにしましょう。

室の配置と動線計画

次のプランで、「図書室をその配置とした理由と動線計画で考慮したこと」は?

図書室を主出入口の正面に配置することにより、利用者にとってわかりやすい計画とした。
また、敷地西側の公園に面して配置し、利用者が良好な景観を楽しめるようにした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

建築物の構造種別、架構形式

次の図で「建築物に採用した構造種別、架構形式と採用理由」は?

多くの人が利用する施設であるため、構造種別は耐震性、耐火性に優れる鉄筋コンクリート造、架構形式は靭性が高いラーメン架構を採用した。

理由構造の特徴

※タップして記述例を表示

空調方式

次のプランで、「エントランスホールに採用した空調方式と採用した理由」は?

採用した空調方式:定風量単一ダクト方式

エントランスホールは吹抜けのある連続した空間であり、高さ方向の温度差が発生しやすいことから、吹出し能力が高く、全体を均一に空調できる方式を採用した。

採用した理由空調方式の特徴

イメージ図

※タップして続きを表示

自然採光

次の図で、「図書室の自然採光について工夫したこと」は?

図書室の北及び西側をすべてガラス面とし十分な自然採光を確保できるようにした。

理由計画内容

イメージ図

※タップして続きを表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題の復習については、下記の基礎ドリルをご覧ください。

室の配置と動線計画(計画①)こちら

構造種別、架構形式(構造①)こちら

空調方式(設備①)こちら

自然採光(環境①)こちら