【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル(設備⑧)「空調機位置等その1」

本日のドリルは、「空調機位置等その1」です。

今回は、単一ダクト方式を採用した場合の、空調機やダクト位置についての記述を確認します。

問題1

次のプランで、「小ホールの空調機械室位置と給気・還気ダクトルート(ダクトスペース)について工夫したこと」は?

記述例

点検やメンテナンス等が容易となるように計画した。

※タップして続きを表示

空気の搬送距離が極力短く、圧力損失の少ない効率的なルートとなるように計画した。

※タップして続きを表示

解説

空調機械室の配置場所とダクトルートについて記述する問題です。単一ダクト方式を採用した場合の記述を解説します。

①問題のプランは、1階に空調機械室を配置した例です。管理部門内に配置することにより、スタッフが利用者部門に出ることなく、空調機械室に出入りできるので、メンテナンスが行いやすい計画です。

②ダクトルートについて、問題のプランでは、空調機械室の直上にDSがあるため、ダクト延長が短く圧力損失の少ない計画です。

イメージ図
記述例

空調機械室を1階の管理部門から直接出入りできるように配置し、点検やメンテナンス等が容易となるように計画した。

給気・還気ダクトは、空調機械室直上のDSを経由し、小ホールまで接続することにより、空気の搬送距離が極力短く、圧力損失の少ない効率的なルートとなるように計画した。

理由計画内容

問題2

次のプランで、「小ホールの空調機及び熱源機の位置とダクトルートについて考慮したこと」は?

記述例

ダクトルートを短くし、搬送エネルギー低減を図った。

メンテナンス性に配慮するとともに、冷温水配管ルートが短くなるように考慮した。

※タップして続きを表示

解説

各階に空調機を設けた場合の記述例です。

①各階に空調機を設置すると、縦ダクトが不要となり搬送距離が短くなるので、エネルギーを削減できます。

イメージ図

②熱源機については、空冷ヒートポンプチラー屋上に設置しています。管理階段に近くすることにより、メンテナンス性に配慮しています。また、各空調機に冷温水を運ぶためのPSとも近接させ、配管ルートの短縮を図り配管ロスを少なくしています。

記述例

1,2階それぞれに空調機を設置し、小ホールについては2階空調機から給気・還気することにより、ダクトルートを短くし、搬送エネルギー低減を図った。

空冷ヒートポンプチラーを屋上の管理部門階段直上かつPSに近い場所に設置し、メンテナンス性に配慮するとともに、冷温水配管ルートが短くなるように計画した。

理由計画内容

本日の記述ドリルはここまでです。

明日は、設備⑨「空調機位置等その2」空冷ヒートポンプパッケージ方式ダクト接続型に関する問題です。