お知らせ

皆さんからの質問を募集します。12月1日の記事を参照ください。

一級建築士記述ドリル(設備③復習)「空調方式その3」

4月29日のドリル「空調方式その3」の復習です。

前回のドリルとは、隠れている記述が逆になっています。

復習1

次のプランで、「吹抜け部分に採用した空調方式と採用した理由」は?

記述例

個別制御が容易で省エネルギー性に優れる空冷ヒートポンプパッケージ方式マルチ型を採用した。

各研修室は利用時間や人数が異なる場合が多いためである。

※タップして続きを表示

解説

イメージ図
記述例

各研修室は、利用時間や人数が異なる場合が多いため、個別制御が容易で省エネルギー性にに優れる空冷ヒートポンプパッケージ方式マルチ型を採用した。

採用した理由空調方式の特徴

復習2

次のプランで、「ホテル客室に採用した空調方式と採用した理由」は?

記述例

個別制御が容易で、ダクトにより外気を供給できる外気処理空調機+ファンコイルユニット方式を採用した。

ホテル客室の空調は、利用者によって使い方が異なり、換気も必要なためである。

※タップして続きを表示

解説

イメージ図
記述例

ホテル客室の空調は、利用者によって使い方が異なり、換気も必要なため、個別制御が容易で、ダクトにより外気を供給できる外気処理空調機+ファンコイルユニット方式を採用した。

採用した理由空調方式の特徴

本日分のドリル【空調吹出し口その1】はこちらです。