【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル(設備⑫復習)「空調の省エネルギー(設備的手法)」

5月8日のドリル「空調の省エネルギー(設備的手法)」の復習です。

前回のドリルとは、隠れている記述が逆になっています。

復習1

次の図で、「空調の省エネルギー(設備的手法)について考慮したこと」は?

記述例

空冷ヒートポンプパッケージ方式マルチ型空調機を採用し、各室を個別に空調した。

※タップして続きを表示

換気設備に全熱交換器を採用した。

※タップして続きを表示

解説

イメージ図
記述例

空調エネルギーを削減するため空冷ヒートポンプパッケージ方式マルチ型空調機を採用し、各室を個別に空調した。

換気による外気負荷を軽減するため換気設備に全熱交換器を採用した。

理由計画内容

復習2

次の図で、「空調の省エネルギー(設備的手法)について考慮したこと」は?

記述例

開口部付近にスロット型吹出し口を設置した。

※タップして続きを表示

ペリメーターゾーンにファンコイルユニットを設置し、外気負荷対策した。

※タップして続きを表示

解説

イメージ図
記述例

ペリメーター負荷を処理し、空調効率の向上を図るため開口部付近にスロット型吹出し口を設置した。

ペリメーター負荷を処理し、空調効率の向上を図るため開口部付近にファンコイルユニットを設置した。

理由計画内容

本日分のドリル【設備⑬「小テスト3」】はこちらです。