【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル「小テスト2復習」

2020年4月21日

この記事は、4月5日(月)の「小テスト2」の復習ドリルです。一週間たちましたので、忘れてしまっている部分もあるかと思います。思い出すために軽く復習しておきましょう。

「小テスト2」は、3月30日(月)~4月3日(金)のドリル【建物内部の動線計画】のまとめです。

問題1

次のプランで、「履き替え等を踏まえた動線計画として考慮したこと」は?

施設利用者がスムーズに入館できるようにするため、主出入口付近に履き替えスペースを設けた。

②着替えて利用する室が各階にあるので、更衣室を1階に配置することにより、 着替え後の動線が逆流しないように計画した

なぜこの計画としたか

キーワード:スムーズに入館、動線が逆流しない

※タップして記述例を表示

問題2

次のプランで、「室の配置及び展示品の搬出入動線について考慮したこと」は?

市民ギャラリーと展示室を2階ホールから見やすい場所に配置することにより、来館者にとってわかりやすく利用しやすい計画とした。

展示品の搬出入を行いやすくするため、展示室に近接して人荷用EVを設置した。

管理部門内に展示室への動線を確保することにより、開館中に作業する際に、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

展示品の搬出入を行いやすくするため、廊下幅や出入口幅を極力広く計画した。

なぜこの計画としたか

キーワード:EVホール位置、廊下幅、搬出入がしやすい、動線が交差しない

※タップして記述例を表示

問題3

次のプランで、「学習部門の動線計画(避難経路を含む)について考慮したこと」は?

2つの階段をバランスよく配置することにより、直通階段までの歩行距離が適正となるように計画した。

利用者にとって分かりやすく、災害時の避難もしやすいようにするため、ホール及び廊下を見通しのよい形状とした。 

なぜこの計画としたか

キーワード:歩行距離、2つの階段、見通しのよい廊下

※タップして記述例を表示

本日(4月13日)分のドリル【計画⑮「ゾーニング計画】はこちらです。