【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル(計画㉞)「まとめテスト復習6」

今週は、4月20日~4月26日に配信した「計画分野のまとめテスト」復習をお送りしています。前回のまとめテストとは、問題の組み合わせを変えて出題します。

問題1

次のプランで「建築物のアプローチ計画について、その配置とした理由」は?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: j計画⑨.jpg

人通りが多いと想定した南道路側に主出入口を設け利用者にとって分かりやすいように計画した。
また、歩行者の安全に配慮し駐車場出入口を横断歩道から離して配置した。
通用口を東道路側に配置
することにより、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

なぜこの計画としたか

キーワード:主出入口、駐車場出入口、通用口

※タップして記述例を表示

問題2

次のプランで「利用者の靴の履き替え等を踏まえて、ゾーニング計画について考慮したこと」は?

利用者にとって分かりやすく、管理もしやすいように2階フロアをすべて上足利用とした。
1階のエレベーター前にはきかえスペースを設置することにより、動線が分かりやすいように計画した。

なぜこの計画としたか

キーワード:上足利用、はきかえスペース

※タップして記述例を表示

問題3

次のプランで「敷地周辺の住宅に対し、建物配置について考慮したこと」は?

住宅のある北・西側については、敷地境界から適度に距離を取って建物を配置することにより、周辺住宅に圧迫感を与えないようにした。
また、戸建て住宅のプライバシーに配慮するため、敷地北側に植栽を設けるとともに、建物北側には開口部を極力設けない計画とした。

なぜこの計画としたか

キーワード:敷地境界、圧迫感、植栽、開口部

※タップして記述例を表示

問題4

次のプランで「ゾーニング計画について工夫したこと」は?

展示部門を2階、アトリエ部門を3階にまとめて配置することにより、来館者にとって分かりやすく、利用しやすいように計画した。
また、利用者とスタッフの動線が交差しないように管理部門を北西にまとめて配置した。

なぜこの計画としたか

キーワード:展示部門、アトリエ部門、管理部門

※タップして記述例を表示

できなかった問題については、こちらの記事をご覧ください。

問題1「アプローチ計画

問題2「履き替え等を踏まえたゾーニング計画

問題3「建物の配置計画等

問題4「ゾーニング計画