【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル(計画㉚)「まとめテスト復習2」

今週は、4月20日~4月26日に配信した「計画分野のまとめテスト」復習をお送りしています。前回のまとめテストとは、問題の組み合わせを変えて出題します。

問題1

次のプランで、「建物内の室やスペースの配置と動線計画で考慮したこと」は?

来館者が気軽に利用できるようにするため、エントランスホールの前に特産品売場の出入口を配置した。また、駐車場側出入口から近い場所に休憩スペースを配置し、来館者が気軽に利用できるように計画した。

なぜこの計画としたか

キーワード:エントランスホール、駐車場側出入口

※タップして記述例を表示

問題2

次のプランで、「駐車場・車寄せの計画について考慮したこと」は?

駐車場・車寄せは、歩行者通路と明確に区分することにより、歩行者が安全に施設に出入りできるように計画した。
北側道路の東側から入る、分かりやすい一方通行
で計画し、事故防止に配慮した。

なぜこの計画としたか

キーワード:歩行者通路、一方通行

※タップして記述例を表示

問題3

次のプランで「休憩部門が24時間営業であることを踏まえたゾーニング計画について考慮したこと」は?

24時間営業の休憩部門は南側にまとめて配置し、他部門と区分することにより、夜間の個別営業に対応できるように計画した。
駐車場からアプローチしやすいように南側に休憩部門用の出入口を配置した。

なぜこの計画としたか

キーワード:個別営業、駐車場

※タップして記述例を表示

問題4

次のプランで「利用者の靴の履き替え等を踏まえて、ゾーニング計画について考慮したこと」は?

靴の履き替え及び着替えが必要な室は2階にまとめ、明確に区分することにより、来館者にとって分かりやすく、利用しやすいように計画した。
靴の履き替えがしやすいように足利用の室の出入口付近に下足入れを設置した。

なぜこの計画としたか

キーワード:靴の履き替え、着替え、下足入れ

※タップして記述例を表示

できなかった問題については、こちらの記事をご覧ください。

問題1「建物内の室配置と動線計画その2

問題2「外部施設計画」

問題3「条件付きゾーニング計画

問題4「履き替え等を踏まえたゾーニング計画