お知らせ

皆さんからの質問を募集します。12月1日の記事を参照ください。

一級建築士記述ドリル(計画㉔)「まとめテスト3」

2020年6月29日

今週は、計画分野の「まとめテスト」をお送りしています。

これまでの「建築計画」分野の記述ドリルをランダムに出題します。

問題1

次のプランで、「室の配置及び展示品の搬出入動線について考慮したこと」は?

市民ギャラリーと展示室を2階ホールから見やすい場所に配置することにより、来館者が利用しやすいように計画した。
また、管理部門内に展示室への動線を確保することにより、開館中に作業する際に、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

なぜこの計画としたか

キーワード:2階ホール、展示室への動線

※タップして記述例を表示

問題2

次のプランで、「駐車場・車寄せの計画について考慮したこと」は?

駐車場・車寄せは、歩行者通路と明確に区分することにより、歩行者が安全に施設に出入りできるように計画した。
北側道路の東側から入る、分かりやすい一方通行
で計画し、事故防止に配慮した。

なぜこの計画としたか

キーワード:歩行者通路、一方通行

※タップして記述例を表示

問題3

次のプランで「屋外創作広場の計画について、アトリエ、公園及び遊歩道との関係性を踏まえて考慮したこと」は?

屋外創作広場はアトリエに面して配置し、アトリエに出入口を設けることにより、相互に行き来ができ、一体的に利用できるように計画した。
また、公園利用者や歩行者が気軽に立ち寄れるように公園側と遊歩道側に出入口を設けた。

なぜこの計画としたか

キーワード:相互に行き来、出入口

※タップして記述例を表示

問題4

次の図について、「防火区画(面積区画・竪穴区画)の区画形成方法」は?

各階の中央部に特定防火設備を設置し、東西それぞれの床面積が1,500㎡以下となるように面積区画した。
また、階段及びエレベーターシャフトについては、各階に防火設備を設置竪穴区画した。

どのような意図でこの計画としたか

キーワード:特定防火設備、防火設備

※タップして記述例を表示

本日の記述ドリルは以上です。

できなかった問題については、こちらの記事をご覧ください。

問題1「搬出入を含む動線計画

問題2「外部施設計画

問題3「建物、敷地内外のつながり

問題4「防火区画と延焼のおそれのある部分