【おしらせ】

学科試験勉強方法の経験談を募集しています。詳しくは11月16日の記事を参照してください。

一級建築士記述ドリル(計画②)「建物内の室配置と動線計画その2」

2020年7月1日

本日のドリルは「建物内の室配置と動線計画その2」です。

室配置や動線計画の記述ポイントは、自分のプランの「利便性快適性、利用者と管理者の動線分離」についてアピールすることです。

問題

次のプランで、「建物内の室やスペースの配置と動線計画で考慮したこと」は?

記述例1

来館者が気軽に利用できるように計画した。

※タップして続きを表示

記述例2

利用者が気軽に利用できるように計画した。

※タップして続きを表示

記述例3

利用者が良好な景色を楽しみながら休憩できるように計画した。

※タップして続きを表示

記述例4

利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。

※タップして続きを表示

解説

計画分野の記述では、「なぜこの計画としたか」を意識することが重要です。

記述例1 利便性についての記述

特産品売場がエントランスホールに面して配置されており、来館者からわかりやすく気軽に利用しやすい計画といえます。

特産品売場の出入口をエントランスホールに面して配置することにより、来館者が気軽に利用できるように計画した。なぜこの計画

記述例2 利便性についての記述

駐車場側出入口の目の前に休憩スペースが配置されており、利用者が気軽に利用しやすい計画といえます。

休憩スペースを駐車場側出入口から近い場所に配置することにより、利用者が気軽に利用できるように計画した。 なぜこの計画

記述例3 快適性についての記述

休憩スペースから敷地北側の湖が眺められるので、利用者が景観を楽しめる計画であるといえます。

休憩スペースを北側湖に面して配置することにより、利用者が良好な景色を楽しみながら休憩できるように計画した。なぜこの計画

記述例4 動線分離についての記述

休憩スペースから敷地北側の湖が眺められるので、利用者が景観を楽しめる計画であるといえます。

管理部門を北西側にまとめて配置することにより、利用者とスタッフの動線が交差しないように計画した。なぜこの計画

本日の記述ドリルはここまでです。

明日は、計画③「履き替え等を踏まえた動線計画」です。